雅良の五行歌

老体に鞭打ちながら
秋晴の下柿をもぐ
枝折る音と実の重さ
嬉しくもあり疲労困憊
孫らの笑顔に励まされた晩秋の一日

Follow me!

コメントを残す